営業時間

月 火 水 木 金 土 日
 9:00〜14:00 ○ ○ ○ ー ○ ○ 
16:00〜21:00 ○ ○ ○ ー ○ ○ ー
058-213-1816

※時間外・休日の施術をご希望の際は、
 お電話にて
お問い合わせください

四十肩・五十肩

肩の痛みでお困りの方

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)とは

四十肩や五十肩という言葉を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

一般的には良く知られているこの言葉ですが、医療の業界では『肩関節周囲炎』と言われています。

肩関節周囲炎とは、その名の通り肩の関節の周囲に炎症がある状態を指します。

具体的には、筋・腱・滑液包などに炎症が起こります。

肩の痛みは、鋭い痛みに悩むかたが多く、寝付けない・動かせないから始まり、服の着脱や家事動作などに支障が現れます。

四十肩の原因

肩関節周囲炎の原因は、筋・腱・滑液包などに発生する炎症です。

右の図のように、肩峰(肩甲骨の一部)と上腕骨の周囲には、筋や腱(筋肉と骨をつなぐスジ)が豊富にあります。

また肩峰の下方には肩峰下滑液包(右図の水色の部分)があり、これは関節の動きを円滑に行うためにあります。

肩峰と上腕骨は、通常ぶつかることなく円滑に運動を行いますが、姿勢不良や筋力低下などにより肩峰と上腕骨が衝突することがあり、これをインピンジメント症候群と言います。

インピンジメント(衝突)が起こると、筋・腱・滑液包などが挟み込まれ、炎症を起こします。

このようにして繰り返しのストレスにより炎症が起こり痛みとなって出現します。

肩関節周囲炎を治すためのポイント

前述したように、この疾患は炎症による痛みが主な原因のため、まずは炎症を抑える必要があります。

炎症を抑えるためには、痛みのある動作をできるだけ避けることが重要です。また肩関節周囲炎の特徴として夜間痛(就寝時の痛み)があります。

夜間痛を抑えるためには、寝る時の肩の位置などを調整する必要があります。

その他にも、姿勢不良や筋力低下が基盤にあります。
そのため、姿勢の改善や腱板と呼ばれる肩のインナーマッスルを強化することが重要です。

また、炎症を抑える方法のひとつとして、注射があります。
肩関節周囲炎は注射との相性が良い疾患と言われています。
症状に合わせて注射も考慮した治療計画の作成が重要です。

肩関節周囲炎から早く脱却するには

肩関節周囲炎を早く悪化させないために最も重要なのは、軽く考えて放置しないことです。

初期に適切な処置をとれば、すぐに良くなったはずのケースも、放置することで悪化してしまいます。悪化すると改善するまで期間は長くなり、治療代も高くなります。

そのような悩みを抱えないためにも、早期に適切に処置を行うことを強く勧めています。

必要な場合は専門医をご紹介し、注射などの処置も行って頂いております。

肩の違和感・痛みがある方は、ぜひ当院へご相談ください。

お知らせ

2023/1/10
【臨時休業のお知らせ】
1/28(土)29(日)
2/11(土)12(日)
富田高校男子バスケットボール部の、大会帯同のためお休みとさせて頂きます。
2022/11/4
キャッシュレス決済可能です。PayPay・楽天ペイ・au PAYのご利用が可能になりました。
2022/10/19
お得なプログラム(回数券)を始めました。
詳しくは下記リンクからご覧ください。

かんだまちボディケア
センター

住所

〒500-8113 
岐阜県岐阜市金園町1-8
MAZALビル 2F

アクセス

名鉄岐阜駅から徒歩9分
詳しくはアクセスをご覧下さい

受付時間

 9:00〜14:00/16:00〜21:00

定休日

木曜(終日)・日曜(午後)
試合帯同により不定休あり

お問い合わせ
058-213-1816