営業時間

月 火 水 木 金 土 日
 9:00〜14:00 ○ ○ ○ ー ○ ○ 
16:00〜21:00 ○ ○ ○ ー ○ ○ ー
058-213-1816

※時間外・休日の施術をご希望の際は、
 お電話にて
お問い合わせください

SLAP損傷(肩関節上方関節唇損傷)

野球の肩痛でお困りの方

SLAP損傷とは

肩関節上方関節唇損傷(Superior Labrum Anterior and Posterior lesion)の頭文字をとってSLAP損傷と呼ばれています。

野球やバレーボールなどのオーバーヘッドスポーツに多い疾患で、投球動作やアタック動作などを繰り返し行うストレスにより発生すると言われています。

自覚症状としては、肩を動かした時の痛み肩の引っかかり感肩の不安定感を訴えます。

関節唇って何なの?

肩関節(肩甲上腕関節)は、上腕骨頭(ボール)と関節窩(受け皿)により構成されていますが、上腕骨頭の大きさに比べ関節窩の大きさが小さく、適合性の悪い不安定な構造をしています。

その不安定な構造を補うために存在しているのが、関節唇です。
関節唇は、上腕骨頭との接触面積を広げることで、
関節の安定性を向上させています。

関節唇には、上方に上腕二頭筋長頭腱、下方に上腕三頭筋長頭腱が付着しています。
投球動作やアタック動作により、上腕二頭筋長頭腱の付着部には捻り牽引(引っ張りの力)が発生します。その繰り返しにより、SLAP損傷が発生すると言われています。

オーバーヘッドスポーツ以外にも、体操競技・バドミントン・テニス・水泳などのスポーツはSLAP損傷の可能性が高いスポーツと考えられます。

SLAP損傷の診断と治療

SLAP損傷の治療は、基本的には保存療法にてリハビリテーションを行い、競技復帰を目指します。
また、損傷の程度により手術が必要な場合があります。

まずは損傷の程度知るために、専門の医療機関で整形外科的テスト(道具を使わない検査)やMRI検査が勧められます。損傷の程度や痛みの程度などにより、方針を決定していく必要があります。
保存療法は、スポーツの休止注射リハビリテーションの3本柱で行っていきます。

保存療法により、炎症や痛みは落ち着くことがありますが、損傷した関節唇は自然修復能力がありません。そのため、保存療法による症状の改善がみられない場合は手術が勧められます。

上の図は肩を横から見た絵になります。このように、楕円形の関節面の周りを関節唇が覆っています。関節唇の上方は上腕二頭筋の腱と連結しているのが分かります。

損傷のパターンは様々ありますが、このように詳細な診断は極めて難しく、限られた専門の医師に受診する必要があります。SLAP損傷の正しい診断・治療・手術・リハビリテーションを出来る医師や医療機関が非常に少ないのが現状です。

SLAP損傷を起こす原因

SLAP損傷は、競技により様々な原因が挙げられています。

  • 肩甲骨周囲の柔軟性・筋力の低下
  • 普段の姿勢の悪さから起こる猫背や肩甲骨の位置異常
  • 背骨のしなやかさの欠如(背骨の捻りや反りなどの可動性・柔軟性の低下)
  • 肩のインナーマッスルの筋力低下

このように、患部である肩関節だけではなく、全身的な問題点を見つけ出し、投球動作やアタック動作に必要な“しなり”を作るための身体づくり・動作指導を実施する必要性があります。

お医者さんに手術を勧められたが、出来れば手術はしたくない」などSLAP損傷の症状でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

お知らせ

2023/1/10
【臨時休業のお知らせ】
1/28(土)29(日)
2/11(土)12(日)
富田高校男子バスケットボール部の、大会帯同のためお休みとさせて頂きます。
2022/11/4
キャッシュレス決済可能です。PayPay・楽天ペイ・au PAYのご利用が可能になりました。
2022/10/19
お得なプログラム(回数券)を始めました。
詳しくは下記リンクからご覧ください。

かんだまちボディケア
センター

住所

〒500-8113 
岐阜県岐阜市金園町1-8
MAZALビル 2F

アクセス

名鉄岐阜駅から徒歩9分
詳しくはアクセスをご覧下さい

受付時間

 9:00〜14:00/16:00〜21:00

定休日

木曜(終日)・日曜(午後)
試合帯同により不定休あり

お問い合わせ
058-213-1816